FC2ブログ

広島の劇団 劇団Tempa blog

ARTICLE PAGE

素晴らしい秋日和でございます キャスト紹介⑥

キャスト紹介
  • comment0
  • trackback0
続きまして~~!キャスト紹介第6回!

木村聡

武蔵

遠藤大幹

森蔵1

上奥七海


響子1

Q1お互いの紹介をお願いします!

木村聡→遠藤大幹

木村「劇団Tempaの宴会部長、ヤットこと遠藤大幹について。一昨年四国より劇団へ帰還した彼は見た目はチャラいがハートは熱
い男。副代表として劇団の屋台骨となっている、はず。」

遠藤大幹→上奥七海

遠藤「はーい!では早速紹介しますー!!こちらのお方は上奥七海!!潤いあふれる現役大学生でございます!!見た目や口調はチャラいが(笑)演劇に対する熱いハートと仕事を渡された時の行動力、スピードは天下一品!!! 演劇を始めて間もないですが、貪欲に、ひたむきに取り組む姿勢に劇団員もエネルギーを貰っています♪ そんな絶賛成長中の上奥、今回の「素晴らしい秋日和でございます」の公演稽古も日に日に上達していくのが目に見えて分かります。そんな上奥の演技を本番とくとご覧あれ!!」

上奥七海→木村聡

上奥「不思議な人。特に用事もないのによく人の名前を呼びます。稽古場では雄大さんとオヤジギャグを張り合ってます。時々、謎い動きをしてます。でも、集中力はピカイチ!努力家さんです!!」

Q2田舎での思い出を教えてください。

木村「蛍を見ました。
3大テレビで真の良さを表現できない物といえばオーロラ、いっこく堂、そして蛍です。」

遠藤「大学2年生の時に広島~鹿児島県(屋久島)をロードバイクで一人旅をしていた時に、
宮崎県の人吉市の山奥(PM20:00頃)に食料も水も尽き果てた状態で、必死に次の町を目指している最中、「がぉ・・・・がぉ・・・」と小熊に遭遇(笑) うわぁ、すげ・・・・・・ん? 待てよ・・・・小熊がいるってことは・・・・・・・・ザーーーー!!!!!!!!
と精神的にも体力的にも限界だった状態から全力で標高600m台の山を登り、そして下り、ようやく食べ物を貰えるところについて温かい「うどん」を食べた瞬間に何故か涙が止まらなかった件が一番の思い出です(笑)」

上奥「空気が良くて、虫の鳴き声がして、自然がいっぱい!!秋の稲刈り前が一番好き!!」

Q3 2020年東京オリンピック、注目する種目は?

木村「スポーツクライミング!反り立つ壁を上るスピードを競うこの競技、興味はあってやりたいやりたいと思っていたのですが、
今大会よりオリンピック競技として追加されます!自分も壁を上れる男になりたい!」

遠藤「サッカー!!
理由は、、、、、小学校からサッカーやってるから(笑)」

上奥「やっぱり陸上!!」

Q4 公演への意気込み!

武蔵2

木村「栄村で巻き起こる群像劇!
栄村の人々の「愛」をぜひ感じてください!
ご来場お待ちしております!」

森蔵2

遠藤「全体的にも個人的にもまだまだ改善点が多いので本番までに必ずそれをクリアにして、全力で臨む!!!!!!!!」

響子2

上奥「初めてのホールでの公演で、ドキドキワクワク。
一生懸命、響子の人生を生きます!観に来てください♡」

いつでもどんな現場でも頼りになる木村さん。他の人には出せない独自のオーラがあります。
そしてTempaの副代表!熱く、いつでも全力で、皆を引っ張ってくれる遠藤さん、
まだまだフレッシュさを醸し出しつつも、真面目に演劇一直線。バリバリ仕事出来ちゃう系女子大生、ランこと上奥七海。
果たしてこの三人の関係性は!?是非本番でお確かめくださいませ!お楽しみに(*´ω`)


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply