広島の劇団 劇団Tempa blog

ARTICLE PAGE

三原市・八天堂さんでワークショップ!

未分類
  • comment2
  • trackback0
こんにちは!

絶賛ペンタゴンの稽古中のおっちーです!
台本と美術と音楽の調整に後ろからガンガン追われながら、
それでも稽古は進みます。
自分との闘いです・・・(--;)
自分は強いです・・・いろんな意味で(笑)


弱気は最大の敵。


さて!
そんな中、私は車でバビュンと私の故郷、三原市に!


8月20日(木)に、三原市の八天堂さんにワークショップに行ってきました!
(会社さんの許可を頂いて、ブログなどなどにご紹介させていただいています。)

1yjimage.jpg



ワークショップ!と私たち演劇人は呼ぶのですが、
社員の皆さんは「研修」と呼ばれていまして、
会社の中の大切な一部なんですよね。


八天堂さんといえば、そう!
今や東京だけでなく、海外進出もしている
「クリームパン」!!!

yjimage.jpg



食べました?
私も食べた時には

「おーーーー!?」

ってまるでケーキのようなクリームパンに
びっくりしました!
ほんとにおいしいですよね、クリームはもとより、生地が!生地がおいしいっ!


その八天堂さんのこれからのリーダーとなっていく皆さんのための研修でした。


リーダーと言っても、本当に若い企業さんなので、
皆さんがほとんど、という全員?20代!

ドキドキしながら会社に入らせていただくと、
本当に玄関から違うんです、雰囲気が。
笑顔で、もちろん立って迎えてくださったんですけど、
それだけじゃなくて、空気や雰囲気が
温かい、そんな感じが入ってすぐ分かりまして
それはそこの 人 が醸し出すものだなぁと思いました。

研修の内容はリーダーとリーダーフォロワー(だったかな?)と呼ばれる
リーダーをサポートする社員さんで、
20名程度でしょうか、いらっしゃいました。
そして社長さんや、上の方などもいらっしゃいました。

もうみなさん、とにもかくにも、礼儀や挨拶や笑顔や・・・
そういった社会人としてなければならないものを、
本当にきちんと実践している。
多分、相槌や目線もしっかり教え込まれていて、少し話しているだけで
その人が好きになりますよ(笑)


これは「技術」ですね。
その「技術」をちゃんと学んでいらっしゃるんだなと。


ワークショップの内容は、会社側が用意されたテキストがあって、
それをリーダーたちは、自分の表現をプラスしながら、みんなに披露(?)するんですね。
スピーチに表現の動きがついたものを想像していただければ・・・。

でも、そのテキストが、結構アツイタイプのもので、
歌の歌詞みたいなものだったんですね、なので、

「大丈夫かなー・・・結構ハードル高いぞぅ。。。照れて言えないとかないかなぁ・・・」

と私はかーなーりー心配していったものの、
もうもう、そんな心配は無用でして(笑)

文字色
いやもう、すごい!!
声量もパワーも独自の表現も、
ガンガン自分でアレンジして、前に前に。
自分のカラなくてもうとっくに破ってました(笑)。

よく、演劇では「殻をやぶって」なんて言われますが、
(※それが良い場合と、良くない場合ももちろん演劇にはあると思いますけど・・・)
その段階はもう全然クリアしていて、
全力でやられるんですね。
それにもう最初びっくりしまして!
なかなかこの第一段階が破れずに、苦労するのに・・・。

それを私が観させていただいて、
これまた「技術的」なアドバイスをすること。
感覚はもとより、普通の人はあまり感じたり、持っていることのない
(本当は知らずにやっているのですが、)
「演劇の技術」をアドバイスすること

そして、現代社会の現状とその理由や、
現在のリーダーさんに必要と思われる「特質」、
そしてその特質を培うためには、演劇がとても有効な手法であることなどの講座をしました。
ちなみに、私もこの日のためにめちゃくちゃ勉強しました!
ぼんやりとはなんとなくわかっていても、
社会的に演劇がどういう役割を果たすのか、自分の言葉でしゃべれるようになるまで、
受験勉強張りに(笑)

本当に楽しくて、どんどん手をあげて発言してくれるので、
当初1時間だった講座は2時間になっていました・・・。

ワークショップ後は懇親会。
懇親会といっても、お店とかじゃなく、
そのまま会社のフロア!
持ちよりされた食事や、会社のパンで惣菜をサンドしてとか
温かい懇親会。

社長様も、本当に笑顔の素敵な社長さんで。
子どものように社員をかわいがっているのが感じ取れます。
懇親会で一番上の人がお酒をついで、
しゃべって笑って、こんな会社もあまりないんじゃないでしょうか。

でも、ビシっと締める時は締める!さすがです!
私が居る前でも社員さんを怒るときもあって。
でも、その一瞬で、すぐに笑顔。

「大丈夫ですよ、私、切り替えますんで」

とニコニコと言われたらそのとおり(笑)。
そのまんまの方でした。、
そして、みんな社長さん好きなんだなぁ・・・っていうのが、
もう傍から見ていて分かるんです^^。
社長ももう子供みたいにかわいがる(笑)
家族みたいでした。


なんだか最後には別れが名残惜しいくらい・・・。。。


最近、ズン!と演劇が重くのしかかってきていた私に、
私が元気をもらって帰ってきました。
貪欲。前向き。笑顔。向上心。
この日、本当に勉強したのは、
このパワーを直で受けさせていただいた、きっと私の方で。


向上心。


彼らにはこれがあるから、これだけやらされても
「嫌嫌やってない」ってことがすごい。
演劇人、そういうのは敏感で、「あー嫌そうだな」とか分かるんですけど、
それを感じないんです。

多分、彼らだって、入社当時とかは
これだけの礼儀や挨拶、「この会社厳しくて嫌だなあ」とか思ったのかもしれないですし、
こういうちょっとこっぱずかしいテキストをみんなの前で披露するとかも
最初はかなりハードルが高かったのかもしれないです。

でも
「やらされている」んじゃなくなっている。
それは自分自身の向上心に結びついていったのだろうと
思いました。

最初はいやいややっていたものでも、
もっとうまくなりたいとか、
もっと学びたいとか
お客さんからお礼を言われて嬉しかったとか
笑顔で販売することが楽しいとか、
うちのパンをPRして、お客さんが並んでることが嬉しいとか、
自分のレジが早くなって、お客さんが並ばせてないことが嬉しいとか

人にどうこうとか、褒められたいとか、良いとこ見せたいとか、
それよりも
自分で
自分が
自分の力で
成長することが楽しい、


そんな気持ちがバンバン伝わってきました。



あ、講師で行ったのでちょっと盛ってしゃべってるとかじゃないです!(笑)



本当に八天堂さんの社員教育はすごい。
それを20代の若者たちがやっていることに本当に驚いた。
本当に彼らはキラキラしてます。
楽しんで、前を向いて、全力でやっている人は
本当に輝いてる。
久しぶりにそんな人と出会った気がして、
そんな人と出会っていると、やっぱり自分も元気になる。


もう私にとってはこれこそ非日常。
異世界体験でした・・・。驚きました・・・
でも本当に楽しかった。
本当に本当に楽しかった!

演劇がこうして企業の
でも本当に演劇には力がある、それは企業でも、学校でも、地域でも。
人と人が居るところでは、絶大な力を発揮すると思っています。

こうして少しでも演劇が社会的にも
認められていけばいいなぁと思います。


本当素敵な会社さんでした。


よし!私も頑張るぞ^^!
きらきらしている彼らより、講師の方がキラキラしてなきゃだめだからね!
そんな講師にあこがれも尊敬も誰も持ってくれないですからね。
これからもこの研修は続きます。
月に1回、三原まで元気をもらいに行きます!


学んで学ばされて。
人との出会いは本当にすごいです^^。


スポンサーサイト

Comments 2

まさこお姉さん  
感動しました

どうやったら、後輩をやる気にさせられるのか?
なぁんて、思っていた時に読んだため、もう感動です。
自分で自分が・・・って思い!!大事ですね。
演劇がこういう風に企業に生かされるって、初めて知りました。

2015/08/31 (Mon) 20:32 | EDIT | REPLY |   
劇団Tempa  
Re: 感動しました

コメントありがとうございます!
本当に「成長したい」って自分と戦う意欲って
何物にも勝るなぁ・・・って思いました^^。

キラキラした彼らに、オバチャンも負けてはいけないぞっ!と^^。
気持ちを新たにさせてもらいました!忘れちゃいけないですね、初心・・・!


> どうやったら、後輩をやる気にさせられるのか?
> なぁんて、思っていた時に読んだため、もう感動です。
> 自分で自分が・・・って思い!!大事ですね。
> 演劇がこういう風に企業に生かされるって、初めて知りました。

2015/09/03 (Thu) 13:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply